おしらせ

レスポンシブWEBデザインのテーマ「winkey12」でサイトをリニューアル!

投稿者: 閲覧数4,906

WinKeyサイトをGeeklog2.0へアップグレード

当ホームページを最新のGeeklog2.0へアップグレードしました。
昔のファイルが残るとセキュリティ的に危ないので、上書きせず「移行」機能でアップグレードしました。
まずは前準備として、Dbmanでデータベース情報のバックアップを作成して、次に既存サイトのファイルをバックアップ。これで何かあっても元に戻せるので安心です。
ここから本番です。非公開領域(private)と公開領域(htdocs)以下を全て削除して、Geeklog2.0のファイルをアップロード。バックアップしたデータベース情報をprivate/backupsへ入れれば、あとはブラウザでアクセスしてインストールスクリプトから「移行」でアップグレード完了です。
その後ログインして各種コンフィギュレーションの確認や、ブロック、プラグインなどの微調整をしてアップグレードは無事終了。

オリジナルのレスポンシブWEBデザインテーマを作成

アップグレードのタイミングで、テーマを 「レスポンシブWEBデザイン」、「HTML5+CSS3」 の勉強のためオリジナルで作成。テーマ名は「winkey12」とつけました。

ページ表示速度も重要になってきているので、たくさんあるcssファイルを1つにまとめて出力する機能や、JavaScriptファイルの読み込みを少なくしています。
その他にも下記のような機能があります。

テーマの注目点

  • レスポンシブWEBデザイン
  • 複数あるcssファイルをまとめて1ファイルとして読み込む
  • HTML5&CSS3でコーディング
  • アウトライン(文書構造)にも注意してコーディング

Geeklog2.0付属の"modern curve"をベースに、見える部分となる、トップページや記事のページを作りました。管理画面は管理者(私)だけが見るのでいじってません。